ブログ

Googleアドセンスの審査に落ちて思う事

Googleアドセンスに申請したものの… 無残にも審査に落ちました。

こんにちは Oliverです。

先日、当ブログ『仕事…嫌いですけど、何か?』をGoogleアドセンスに申請したのですが…。

ものの見事に審査に落ちました。チ、チクショ―!

今日は、Googleアドセンス審査に通らなかったものの、ちょっとそれに対して思うところがあったので、それを記事にしたいと思います。

Googleアドセンスに申請したものの…数時間後に不合格通知が来ました

僕が、このブログ『仕事…嫌いですけど、何か?』を開設して早半年ほどになります。

色々記事も溜まってきて、体裁も整ってきたので、Googleアドセンスにでも申請してみようかなと思いました。

どうせなら、クリックしてもらえるだけで収入に繋がった方がいいかな~と考えましたので。

色々と審査に必要な項目を調べたり、人に聞いたりして、ブログの体裁を整えて、記事の誤字脱字等を見直したりして…やれるだけのことはやったつもりです。

そして、Googleアドセンスに申し込み、審査を受けることになりました。

Oliver
Oliver
どうやら、審査の結果が来るまで、場合によっては1週間くらいかかるみたいだ 気長に待つとしようかな

…と、少し放置して待っててみるか!と思っていた数時間後、さっそくメールが入っていました。

開いてみると、Googleアドセンスに関してのメールでした。

で、中をみてみると…

落ちました! しかも瞬殺!

でもさ、もうちょっと審査に時間をかけてくれてもいいんじゃないの?

すぐに殺すことはないでしょ。

このメールを色々見ていくと、審査に落ちた理由は、ユーザーにとって価値がほとんどないページやアプリ、内容が薄いコンテンツに関する記事を記載しているサイトだと思われたからの様でした。

つまり、僕のブログは価値がないからGoogleアドセンスを貼ってやる価値は無い!顔洗って出直してきやがれ!という事みたいです。

確かに、言われてみると僕のサイトの記事って会社で起こった出来事を紹介して、自分の考えを好き放題述べているだけなんですよね。

面白いと読んでくれる人はいるのかもしれませんが、見てくれている人に『価値ある情報を提供できているか?』と言われると、ちょっと眉唾ものだと思います。

逆に、「アドセンスに合格しました!」という人のサイトを見てみると、読んでいる人に何かしらの価値ある情報や、解決方法などをちゃんと提示してあげてるような気がします。

例えば、「〇〇で悩んだ時の対策方法!」と書いてあって、体験談を交えた具体的な対処方法とか書いているんですよね。

ちゃんと人の悩みに対しての答えをちゃんと提供できているって感じがしました。

いや、ホント素晴らしいと思います!

なので、それに比べれば僕が書いている記事なんて、悪い言い方をすれば会社に対する不満ばかりの意識の低いものなので、「価値がない、薄っぺらい内容だ」と言われても方がないのかなと思います。

Oliver
Oliver
僕のブログって、Googleアドセンスとはめちゃくちゃ相性悪いかも

僕は、改めてブログで収益を上げることの難しさを痛感しました。

Googleアドセンスに合格するために、記事を内容を変える?

僕は、審査に落ちてから、どうしようか考えました。

ブログの記事の内容を見直して、読み手の悩みを解決してあげられるような記事にして、薄っぺらい価値のない記事は削除し、もう一回審査をうけようかな?…とも思いました。

何回もチャレンジしている人もいるから、たった一回失敗したからといって諦めちゃうのはどうなのかなとも…。

でも、嫁さんにGoogleアドセンスに落ちてしまったことを話したら、こんなことを言われたんです。

嫁
うーん、Googleアドセンスがどんなものかは私知らないけどさ

それに合格するために、自分の考えを書いた記事を削除したり、思ってもいないようなことを書いて、体裁を整えるのはなんか違うと思うよ。

自分が思っていることを、思いっきり書きたいように書くためのブログなんでしょ? だったら変えずにそのまま残しといたら良いんじゃない?

僕は嫁さんに言われて思い出しました。

このブログを作ろうと思ったのって、そもそも自分の考えを思ったように好きに表現するためじゃなかったか?…と。

このブログ『仕事…嫌いですけど、何か?』は、意識の低い、しょうもないことを書いているのかもしれないけれど、記事の一つ一つが紛れもない僕の正直な気持ちを書き綴ったものなのです。

それを、収益が得られるからと言って記事を削除してなかったことにしたり、体裁を整えたりするのは、嫁さんの言う通りでなんか違うんじゃないかと思いました。

そんなことをやってしまうと、本来このブログでやりたかったことが出来なくなり、完全に目的を見失ってしまうような気がしました。

このブログの存在意義は、誰が何と言おうと「僕が言いたいことを、思った通りに表現できる」ことなのです。

…ということで、アドセンスには合格できないようなブログだけれども、方向性は変えずこのまま思ったことを、バンバン書いていくようにしていこうかなと思いました。

Oliver
Oliver
自分の気持ちに正直に書いた方が、楽しいし続けられる! 今はそれが一番大事かな

Googleアドセンスには受からなかったけど、実にいろんなことが学べた

残念ながら今回Googleアドセンスには受からなかったけれど、それに受かるために色々と調べたり、工夫をしたりしたおかげで、たくさんのことが学べました。

サイトのデザインだったり、Googleアナリティクスやサーチコンソールの使い方だったり…

Googleアドセンス合格に向けて挑戦する前に比べ、ブログも各段に進歩したような気がします。

Oliver
Oliver
自分で言うのもなんだけど… 色々分かってきて随分進歩した気がする!

今回学んだことは決して無駄なんかではないし、何か別の形で活きてくることでしょう。

あまり落ち込まず、次の目標に向けてまた活動していきます。

まとめ

・Googleアドセンスに申請したものの… 見るも無残に審査に落ちた

・原因は、内容があまり有益でなく、価値のないものと思われてしまったから

・合格するために、記事の内容を変えたり削除したりすることはしない このブログの存在意義は、「僕が言いたいことを、思った通りに表現できる」ことにある

・審査には落ちたけど、いろんなことが学べた。

ということで、今日はGoogleアドセンスの審査に落ちてしまった、正直な気持ちを書かせていただきました。

悔しい気持ちも無いとは言いませんが、やはり自分の書きたいことを思いきり書くことを優先したいと考えます。

なので、僕が死ぬか、心が浄化されて聖人(セイント)にでもならない限り、このブログはずっとこんな感じで続いていくと思われます。

今後とも、当ブログ『仕事…嫌いですけど、何か?』をよろしくお願いいたします。

それでは、本日はここまで。

お問い合わせやご意見はこちらまで↓↓





ABOUT ME
Oliver
こんにちは Oliverと申します。 東京で嫁、子供2人とひっそり暮らす36歳 禿げそうな位仕事が嫌い。 趣味はサイクリング、読書、アニメを見るなど 基本は一人でのんびりやるのが好き よろしくお願いいたします。