人間関係

Oliverからみた40代男性

40代… なかなかツライ世代ですが…

みなさん こんにちは Oliverです

twitterで仲良くしていただいている方からお題を頂いて、それについての記事をかいてみようという企画の第二弾です

「Oliverさんから見た各年齢層について」

面白い切り口ですね

ただ、各年齢層だとかなり範囲が広く、もやっとしてしまうので、今回の記事は「Oliverからみた40代男性」と年齢の範囲を限定させていただきます。

~注意~

今回書く記事は、あくまで「Oliverの周囲にいる40代男性」をモデルに書いています。

当然、これに当てはまらない例外の方もいらっしゃるので、意見の一つとしてご覧ください。

Oliverから見た40代男性

僕は、現在30代後半です。

そんな僕から見た40代男性は、5~10歳くらい年上のお兄さんにあたる年齢層になります。

もちろん人にもよりますが、部下持ちの管理職という立場に就いてバリバリ働いている人も多く、会社の各部署のキーマンになっていてもおかしくない世代です。

40代の人が高校や大学を卒業して就職を考えていた頃、世間ではおそらく「就職氷河期」の真っ最中だったと思われます。

日本経済のバブルがはじけ、景気が低迷してなかなか就職できない学生がたくさんいた時代ですね。

そんな苦しい状況の中、就職を勝ち取ってきた訳ですから、会社や仕事に対する思い入れや忠誠心も強く、出世至上主義の方が多くいらっしゃる印象があります。

40代の人
40代の人
会社にとって、何が有益かを考えろ!

40代の人
40代の人
仕事なんだから、何が何でもやり切れ!
40代の人
40代の人
そんなんじゃ、上の階級には行けねーぞ それでいいのか?

その年齢になって、その職位のままなのは恥ずかしい

こんなことをよく言っている人が多いですね。

つらい仕事でも気合と根性でやり切ることを強いてきたり、会社を優先するように仕向けてきたり、会社の出世できない=ダメ人間という価値観を持っていたり…

昭和の時代の古き良き働き方が骨の髄まで染み付いていて、それを下の世代にも強いるような印象があります。

Oliver
Oliver
いや~ ご立派な心構えですね~(棒読み)

世の中の働き方や価値観が多様化している現代社会を、受け入れられない世代

ですが、昨今の世の中は大きく様変わりしました。

働き方や価値観が多様化し、今までの昭和のやり方では、動かないような人種(New Generetion)が会社に現れ始めました。

New Generetion
New Generetion
仕事が絶対なわけではない 

あくまで自分の生活を楽しく過ごすために仕事をしている

New Generetion
New Generetion
終身雇用の保証もないのに、なぜそんな会社に忠誠を誓わなくてはいけないの?
New Generetion
New Generetion
出世なんて費用対効果の悪い行為、誰が好き好んでやるものか

そんな若者たちの言動を見て、40代の方々は頭を抱えて日々ブリブリ文句を言っています。

40代の人
40代の人
俺たちの時代はそんなの通らなかったけどなぁ 仕事なんだから…
40代の人
40代の人
会社のために積極的に何かしようと思わないの?

40代の人
40代の人
出世に興味ないなんて、信じられない… 社会人としてどうなんだ… 行く先が心配になる

そういう価値観で仕事をしてきたことは間違いじゃないし、否定はしません。

…ですが、一言言わせていただいていいですか?

もう時代は「令和」なんです。 「昭和」は2コ前の時代ですよ?

やっていることは「大正時代に江戸時代の文化を持ち出すこと」に等しいのです

(例えば、大正時代に日本刀ぶら下げて、「切り捨て御免」とかやってたらつかまりましたよね?

極端な事を言ってしまうと、時代遅れな事をやっている点ではこれに等しい行為です)

今まではそのやり方でよかったのかもしれませんが、これから先はそういうやり方では通用しないんです。

そういう「色々な価値観を持った人たちが、どうやったら効果的に働いてくれるのか?」を真剣に考えていかないと、僕らの未来はお先真っ暗なんです。

ということで、今の40代は…

自分たちの世代のやり方が絶対だと思っていて、それしかやり方を知らないんだけど…

世の中の働き方や価値観がここにきて一気に多様化してしまい、それが受け入れられず苦しんでいる世代と言えなくもないですね。

Oliver
Oliver
ある意味、最もお気の毒で大変な世代かも…

会社の中だけでなく、外の世界にも出て、若い世代と関わって価値観に触れた方が良いと思う

なので、僕ら30代の働き手にも言えることですが、自分のやってきたことが絶対だと思わず、会社の外にも出て違う業界の人や若い世代と関わって、色々な価値観にも触れるべきかなぁと思っています。

自分がやってきたことや考え方だけが正解ではないことが分かると思いますし、今の世の中にはそっちの方が理にかなったりするとが多々あると思いますよ。

色々大変なことを経験され今に至っていると思うので、そういった点は尊敬はしていますが…

やはり、今の時代の大きな変化についていけず、空回りを起こしている人が多いというのが正直な印象です。

40代は役職もついて、会社の中心を担い影響力も持っている年ごろだと思います。

そういった人たちが古い価値観ややり方に拘りすぎず、新しい価値観や考え方を学び、多様性に対応できるようにして行けるともっと働きやすい会社になると思うんですけどね。

生物の世界でもそうですが、生き残り長く繁栄する種族は、必ずしも力が強く頭がいいというわけではなく、周りの環境にうまく適応できた生物なんですから。

まとめ

・40代…会社や仕事に対する思い入れや忠誠心も強く、出世至上主義の方が多くいらっしゃる印象がある

・自分たちの世代のやり方が正しいと思っていて、それしかやり方を知らないんだけど……

世の中の働き方や価値観がここにきて一気に多様化してしまい、それが受け入れられず苦しんでいる世代

・自分のやってきたことが絶対だと思わず、会社の外にも出て違う業界の人や若い世代と関わって、色々な価値観にも触れるべき

今回は、僕らの少し上の世代 40代について色々書かせていただきました。

人からお題を頂くと、自分が普段思いつきもしないことを書けるので、やはりいいですね。

それでは、本日はここまで





ABOUT ME
Oliver
こんにちは Oliverと申します。 東京で嫁、子供2人とひっそり暮らす36歳 禿げそうな位仕事が嫌い。 趣味はサイクリング、読書、アニメを見るなど 基本は一人でのんびりやるのが好き よろしくお願いいたします。